読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんライblog

趣味について発信していきます。時計・靴・オーディオなど

ついに買いました‼︎ ① 〜財布購入までの葛藤編〜

みなまさ、ごきげんよう( ´ ▽ ` )ノ

いや〜、買ってしまいました...

買ったものは、ズバリ二つ折り財布です。

前々からほしいと言ってましたが、ついに買ってしまいました。
財布選びの記事は以前に書きましたので、うすうすどんな財布を購入したかはお気づきかとは思います。


こちらが以前、財布選びに葛藤していた時に書いた記事です。
こちらの記事に、私が購入検討したいくつかの財布を紹介しています。

さて、以前の財布検討記事を書いた後にもいろいろと葛藤がありましたので、そちらの話からしたいかと思います。

まず、購入検討に入れていた財布を触らせてもらい、それぞれの財布の印象がかなりかわりました。


こちらはルイヴィトンの二つ折り財布
ポルトフォイユ マルコ ダミエグラフィット

価格は約65000円
f:id:sawssaws-gs:20160129224020j:image

f:id:sawssaws-gs:20160129224220j:image
公式サイトより引用
二つ折り財布で小銭入れもあるため、非常に使いやすい財布かと思います。と、以前言いましたが....
実際に触った印象は、かなり分厚い...
やはり、小銭入れがある分、分厚くなってしまうのは仕方ないことなのですが、ルイヴィトンのダミエ生地が硬いこともあって、さらに厚みがまして感じました。
使っていくうちに馴染んで薄くなってくるらしいですが、やはりこの厚みはマイナスポイントとなりました。


お次も、ルイヴィトンの二つ折り財布(小銭入れなし)

ポルトフォイユ ミュルティプル タイガ

価格は約66000円

f:id:sawssaws-gs:20160129233128j:image

f:id:sawssaws-gs:20160129233134j:image
公式サイトより引用

以前、タイガのモデルで欲しいと言ったものはポルトフォイユフロリンのいうモデルで、そちらには小銭入れがついています。そして、上記のポルトフォイユマルコの財布にさらにカートポケットが足されているモデルなのですが、その分財布の厚みが増してしまったことがマイナス点となり、この際小銭入れはいららないな...と思ったことでこちらが購入検討に入りました。
こちらのモデルは小銭入れの代わりにカードポケットがついていて、その分財布の厚みは薄くなっております。



そしてルイヴィトンのグラフィットの二つ折り財布(小銭入れなし)

ポルトフォイユ ミュルティプル ダミエグラフィット

価格は約71000円

f:id:sawssaws-gs:20160130000026j:image
f:id:sawssaws-gs:20160130000033j:image
公式サイトより引用

そして、小銭なしのタイプが候補に入ることで、さらに候補が広がってしまいました。それがこちらのポルトフォイユミュルティプルのダミエグラフィットです。こちらは普通のポルトフォイユミュルティプルとは少し違い、裏地にレザー(本革)素材が使われており、さらに裏地にもダミエグラフィットギャンバスが使われております。あまり、カラーが使われているものは好きではないのですが、こちらのブルーは非常に落ち着いていていいですね。実際に手にして感じたのですが、このレザーの手触りがすごく良かった。

通常のモデルの裏地はこちら


f:id:sawssaws-gs:20160130000514j:image

公式サイトより引用

やはり、レザー素材が使われ、さらにキャンバス地が使われることで一気にエレガントさが増して見えますね。しかし、通常ダミエグラフィットのモデルが55000円なのに対して、こちらのモデルは約71000円。やはり値段が高くなってしまいます。


最後はボッテガ・ヴェネタの二つ折り財布です

価格は約61000円

f:id:sawssaws-gs:20160129225138j:image

f:id:sawssaws-gs:20160129225145j:image
公式サイトより引用
こちらのボッテガ・ヴェネタの財布もルイヴィトンのポルトフォイユ マルコと同じ作りで、小銭入れがついている二つ折り財布です。
しかし、こちらはカーフ素材の本革が使われており、肌触り非常にいいです。また、こちらの財布を持った時の印象は、ルイヴィトンの二つ折り財布に比べてずいぶん薄い印象でした。これは、ボッテガ・ヴェネタのカーフ素材が柔らかいためでしょう。
この薄さは自分の中では非常に高評価でボッテガ・ヴェネタの財布に転んでしまうんじゃないかと思いました。しかし、その反面やはりカーフ素材を編み込んだデザインのイントレチャートは非常にデリケートな印象を受けました。
また、縫い目なども手作り感が出すぎていて、完璧とまでいく仕上がりではありませんでした。



実際に触ってきた印象をプラスしてまた購入検討が変わってしまったわけですが、こんな考えが自分の中ではありました。
それが、以前に購入したこちらのルイヴィトンのクラッチバッグ
こちらのクラッチバッグの柄がダミエグラフィットということで財布もダミエグラフィットで揃えたいという気持ちがありました。
そう考えるとルイヴィトンのポルトフォイユマルコとミュルティプルのダミエグラフィットのモデルにになってしまうわけです。


結果的に購入候補がさらに増えてしまったわけです。

非常に困った(^^;;

ということで、続きは次回に回したいと思います。


次回は購入した財布を紹介していきたいと思います!!