読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんライblog

趣味について発信していきます。時計・靴・オーディオなど

私の革靴 ~church's~

今回は私の革靴についてご紹介です。

私が愛用している革靴はchurch'sというブランドの靴です。
創業は1873年と老舗ブランドです。イギリスのノーサンプトンで造られていて英国の正統派革靴とも言われています。
私のモデルはラスト173というモデルでドレスシューズになります。
1999年にchurch'sはプラダの傘下になりました。そのときにラスト73からラスト173に変更されました。
ラスト173は、ラスト73よりも少し幅広になっており、ラスト73の面影を残しつつ現代人の足により馴染みやすい木型になっております。しかし、ラスト173への変更は賛否両論あります。

私の靴はchurch'sのChetwynd(チェットウィンド)というモデルになります。
価格は今日現在で91,800円
木型はlast173、カラーはダークブラウンです。
f:id:sawssaws-gs:20160106203920j:image

横から見た全体のシルエットはこんな感じです。
f:id:sawssaws-gs:20160107231704j:image
ウイングチップに大迫力なメダリオンが人目を惹きますね!!
そして、丸みを帯びたトゥ(つま先)がちょっぴり愛らしくていいですね(笑)
グッドイヤーウェルト製法なので、長く愛用できる靴かと思います。
グッドイヤーウェルト製法とは、簡単に言うと靴本体とソールが縫い合わされているので、ソールがすり減った場合でも交換が可能。ソールの交換はオールソールと呼ばれ状態にもよりますが3~5回交換が可能です。そのため長く使うことができます。

f:id:sawssaws-gs:20160104133247j:image
まだ5〜6回しか履いていませんが、コルクが沈み始め中敷が自分の足の形になりました。また、カーフ(牛革)素材が使われていて、履くにつれて革自体も伸びて来るので自分の足にフィットしてきます。

f:id:sawssaws-gs:20160107231626j:image
きめ細かなカーフ(牛革)が使われており、素材の良さが実感できるかと思います。
また、革製品の目利きポイントでもある縫い目ですが、church'sの靴は縫い目も細かく造りがいいです。

いい靴は履き心地がいいとよく聞きますよね。職人さんの手で丁寧に作るられた革靴こそ最高の履き心地を実現できる革靴になるのだと思います。
一枚の革を切り出し、縫い合わせ、美しいシェープを描く革靴はまさに芸術品ですよね。
私もこの靴を大切に長く愛用したいと思います!
f:id:sawssaws-gs:20160106203929j:image
以上、今回は私が愛用している革靴
【church's Chetwynd】でした。