読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんライblog

趣味について発信していきます。時計・靴・オーディオなど

「なんで高い時計なんか買うの!?」 〜機械式時計の魅力〜

みなさん、時計に興味はおありですか?
今日のブログは時計の魅力についてお教えします。
f:id:sawssaws-gs:20160105210145p:image

さて、時計は高いものから安いものまでピン切りですよね(´・・`)
高いものだと3億!?なんて時計もあります。


とはいえ、
「高い時計なんて金の無駄」
「安い時計で十分」
こう考えている方が大半だと思います。
間違いではありません。しかし、低価格な時計が用意に購入できる近年でも、高い時計に魅了されている時計愛好家たちがいます。

なぜ同じ時を刻む時計なのにあんなにも価格差があるのでしょうか。
高い時計にはどのような魅力があるかお教えしたいと思います。

まず、ロレックスやオメガなど、高級時計と言われる時計ブランドの主力となる価格帯は約100万円。100万円という価値はどこから来るのでしょうか。
高級時計と切っても切れない関係か「機械式時計」というワード。
機械式時計と言われてもピンとこない人もおられると思うので、まずは時計の駆動方式について簡単に説明します。

時計の駆動方式は大きくわけて2つ。
クォーツ式と機械式です。


クォーツ式時計

f:id:sawssaws-gs:20151228085556j:image
インターネットから引用
まずは、クォーツ式
電池式の時計ですね。

  • 精度
精度は月差±25秒程度
高額なものになれば年差±10秒
機械式時計の約100倍の精度と言われています。

  • 構造
クォーツとは直訳すると水晶。
クォーツ式腕時計の中には水晶振動子と言う水晶が入っています。この水晶振動子は一定の電圧をかけると、1秒間に3万2768回振動します。3万2768回の振動を一回のパルス信号にICが変換することでクォーツ時計は時を刻みます。



機械式時計

では、機械式時計はどうでしょうか。
機械式時計は電池式や外部からのエネルギーを必要としない自己完結型なのです。

  • 精度
日差±10秒以内でも高精度
クロノメーター規格では日差+6〜–4

  • 構造
機械式時計は巻かれたゼンマイの解ける力を利用して動いています。
f:id:sawssaws-gs:20151228090429j:image
インターネットから引用
左から1番車~4番車、そして調速機構となっております。1番車は香箱といい、この中にゼンマイがはいっており動力源となっています。
ギア比を変えながら2番車、3番車、4番車へと動力が伝わります。2番車(1時間に1周する歯車)には分針、4番車(1分に1周する歯車)には秒針が取り付けられています。
しかし、このままではゼンマイが一気に解けてしまい正しい時を刻むことができません。
そこで、調速機構の出番なのです。
調速機構はペースメーカーのような働き、といえばわかりやすいでしょうか。
テンプの往復運動がガンギ車に伝わることで、ほどけるゼンマイの力を一定の速さに補正する働きがあります。
調速機構があることで、それぞれの歯車が一定の速度で動き、正しい時を刻むのです。


さて、話を戻します。
なぜ、高級腕時計と機械式時計が密接な関係にあるのでしょう。
それは、高級腕時計のほとんどは機械式時計であるということです。100万円にもなると、ほぼ100%が機械式の時計になってきます。
値段的に言うと、やはり機械式時計はクォーツ式時計に比べ高い傾向にあります。

なぜ、機械式時計は高値がつくのでしょうか?
それは、機械式時計は手作業での組み立てを行うことや、調整行為が非常に多いためです。
クォーツ式時計はムーブメントを組んでしまえばある程度の精度が出てしまい、人の手で調整行為を必要とすることはまずありません。
しかし、機械式時計になるとひとつひとつの工程をしっかりと組み上げていかないと安定した精度を出すことはできません。そのため職人さんは正確な組み立て、調整行為を行う技術がなくてはなりません。
その他にムーブメントの設計や、パーツのひとつひとつの製造精度も上げなければならないことがコスト増大につながる理由でもあります。
また、時計の中に複数の機能や複雑な機構が入ることで値段が上がっていきます。

しかし、比較的高価な機械式時計。
クォーツ式時計に性能は劣るものの、機械式時計ならではの魅力が沢山あります。
機械式時計は20年30年と長く使えるものが多いです。また、一生モノになりゆる時計などもあります。長く愛用することで愛着が深まっていくということは機械式時計を使用していく中での醍醐味かと思います。
また、ゼンマイを巻き、時間を調節するという行為が私たち使用者と時計の距離を縮め、私たちの生活に溶け込んでいくことも魅力のひとつだと思います。

機械式時計は工芸品と言いますが、まさにその通りだと思います。
時計技師さんたちが丹念に組み上げ、作り上げた時計。
時計の購入を考えている方は機械式時計の購入をご検討してみてはいかがでしょうか。

今回の記事でクォーツ式時計を使用している人たちや、機械式時計に関心がない方に機械式時計の魅力が伝われば幸いです。

でわ、本日はこの辺で!
f:id:sawssaws-gs:20160105210735j:image