読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんライblog

趣味について発信していきます。時計・靴・オーディオなど

自分にとってのいい物とは...

今回の記事はいいものを持つということについてお話したいと思います。

いい物ときいて何を想像するでしょうか。
高級品?ブランドもの?安くて質がいいもの?
いい物と聴いて想像するものはいとそれぞれ違うと思います。

今回の記事は私が考える【いい物】についてのお話をしたいと思います。
私の考えとしては、いい物というのは人によって異なると思います。
と言うのも、コストがかけられたいわゆる高級品を好む人もいれば、コストがかけられていなくても自分にとっては使いやすいものを好む人もいると思います。
しかし、この【コストがかけられていなくても自分にとっては使いやすいもの】という考えをお持ちの方も、1度コストがかけられた物を経験するということは非常に大事なことだと思います。
今のもので満足し、これ以上は十分だと思い込む考えは非常に惜しいと思います。

当然なことですが、コストがかけられたものはコストが抑えられたものに比べ、造りがいいです。
コストがかけられたものは必然的に売価も高くなってしまいます。これがいわゆる高級品です。
コストがかけられたものを購入し、実際に自分で使用し、そのものの価値を理解することは非常に大切なことだと思います。

例えば、ファッション界のハイブランドとして有名なLouis Vuitton(ルイヴィトン)。
f:id:sawssaws-gs:20160107235602j:image
私もこのブランドの財布を愛用させてもらっていますが、やはり造りはいいと思います。
愛用してから約2年になりますが、現役どころか目立った傷もなく、やはり耐久性はピカイチ。縫い目のほつれなども特にないので縫製技術も素晴らしいと思います。

そして、もう一つお伝えしたいことですが、
やはり定番というものはいいものですね。
定番を避ける人もいますが、やはり定番になった物ということは大多数の人に認められ支持されている物です。
定番を選ぶことで失敗するリスクを減らすこともできます。

話が脱線してきたので私の考えを述べて終わりたいと思います。
やはりコストのかけられたものを一度無理してでも購入し、使用することで違いを体感するということは大切なことだと思います。
そのうえでの自分に合った最適な選択が、自分にとっての【いい物】になるのではないでしょうか。